アロマオイルのレモンについてご紹介。フレッシュな柑橘の爽やかな香りで人気。歴史や使い方をご案内。

アロマオイル通販のティリィア
商品検索

アロマオイルのレモンをご紹介

【10月におすすめのアロマは「レモン」】
残暑が続く今年は、10月でもまだまだ暑いですね。
日中は30℃を越える日もあり夏の名残が続いています。

そんな時にはフレッシュな香りのレモンでスッキリしませんか?

アロマオイルのレモンは食べるあのレモンと同じく
ピリッとした柑橘のあの香りがしっかりとします。
とても香りやすいので、年齢問わず人気のアロマです。

ここでは、そんなレモンのアロマオイルについて詳しくご紹介します。

◯レモンエッセンシャルオイルの歴史と伝統的な使用法
アジアで生まれたレモンは「健康の果実」として知られており、古代インド人だけでなく
エジプト人やローマ人も感染症の治療に使用していました。
レモンの木は西暦200年頃に中世にヨーロッパに持ち込まれ、その後アメリカに紹介されたと
考えられています。
14世紀のイギリス海軍の英国人船員は、レモンジュースを毎日飲むと壊血病、関節痛、
その他の一般的な病気の予防に役立つことを発見しました。

果物とエッセンシャルオイルの両方が、多くの健康問題を治療するために
何千年もの間アーユルヴェーダ医学で使用されてきました。


◯レモンエッセンシャルオイルの特性
ラテン名: Citrus limon
同義語: Cedro oil、C.limonum
植物科:ミカン科
抽出:果皮
起源:南ヨーロッパ

この人気の果樹は、暖かく日当たりの良い気候で育ち、果実のために栽培されています。
木の上の長くて鋭いとげは、他の果樹とは異なり、簡単に区別できます。
果物の大きさは、大きな卵の大きさからデザートオレンジの大きさまでさまざまで、
皮やジュースは料理に広く使われています。
搾り出しで得られた淡い緑がかった黄色のオイルで、フレッシュな柑橘系のグリーンの香りがします。


◯レモンエッセンシャルオイルの伝統的な使用法
伝統的にヨーロッパの多くの地域、特にスペインでは、レモンは特に発熱、感染症、
壊血病のすべての治療法と見なされており、
英国の人々がラベンダーのエッセンシャルオイルが万能だと思うように、
レモンを色んなシーンで使用しています。

◯日本での一般的な使用例
日本では、レモンエッセンシャルオイルは集中力と注意力を向上させること
言われています。勉強部屋や職場での芳香浴で使われることがよくあります。

多くの調査研究がレモンの油に言及しており、抗菌性や、抗うつの効果があると
一般に認められています。
その特製を上手に利用して、家の掃除やディフューザーでの芳香浴に使用させています。



レモンエッセンシャルオイルには、一日に熱意を与える、気分を高揚させる、
活力を与える、目覚めさせる、精神的な集中など、多くの精神的な利点があるようです。
ペニープライス社の代表も、レモンが好きでこの働きを上手に利用して生活しているそうです。


アロマオイルのレモンをご紹介1

掲載日:2021-10-07

関連商品

目の覚めるようなシャープな香り
レモン 頭をクリアにしたい時に
価格: 2,500円
目の覚めるようなシャープな香り
詳細はこちら

通販ガイド

お支払い方法について

お支払い方法について
クレジット決済は以下のブランドをお使いいただけます。
クレジット決済の使用可能ブランド


代引手数料について

ご購入金額に応じて下記の手数料をご負担いただきます。

1万円未満330円
1万円以上~3万円未満440円
3万円以上~10万円未満660円

送料について

● 10,000円以上のご購入で全国送料無料

● 10,000円未満は送り先一カ所に付き以下の送料を頂きます。

九州中国四国関西中部北陸
9209201,0201,0201,3701,370
信越関東東北北海道沖縄
1,2701,2701,5702,0701,420

キーワードで探す