フランキンセンス
聖書にもでてくる神秘的な香り

フランキンセンスの和名は「乳香」、別名「オリバナム」。
バルサム調でレモンとカンファーの混ざった香りです。
若返りのアロマとしても人気。

◯歴史
イエスキリストが誕生したときに賢人から捧げられた香料。
旧約聖書にも登場する歴史の古いものです。
当時、黄金と同じ価値を持つ貴重なものとして取引されていました。
深い悲しみ、瞑想、心の浄化に役立ちます。心を平静し若い気分にしてくれます。

◯おすすめのシーン
心が哀しいときに
呼吸を落ち着けたいときに
スキンケアしたいときに

フランキンセンス
聖書にもでてくる神秘的な香り1 お香のような澄んだ落ち着く香り
フランキンセンス
聖書にもでてくる神秘的な香り3 [学名] Boswelli carteri  [使用部分] 樹脂